一笑懸命
→過去のクラショウブログはコチラ

 視察に同行・・・。

よく、取引先や これから飲食店を出店される方々から 他店への視察に同行を求められる事が多い。 勿論 肉料理を主力とする業態に限るが・・・・・・。

なぜかというと、我々毎日のように 大量の肉を扱っていれば、 お皿に並べられた 肉でも 畜種や部位、へたすると(?)その原価まで 解明できてしまうからだ・・・。 (要は お肉屋さんを連れていけば その店が使ってる肉がよく解る)

例えば、視察に訪れたお店(一般客になり済ます(?))で出された料理の肉を 「これは 和牛4等級、友バラのササミの部分で だいたい原価は○○○円・・・・」・・といった具合に・・・・・・。その説明を聞く これから出店する経営者や調理責任者は 「はは~ん、だったら もう少し安くメニュー化できるな・・・」といった具合に今後の戦略の参考にできる訳だ・・。

しかし、ここで我々の方で 商品知識がなかったり、原価を把握できてない場合は それこそ同行した意味もなくなれば、無責任のなにものでもなくなる・・・・・。  ご一緒して 食べるのはいいが、意外と緊張もするものだ・・・・・・・・・。

コメントをどうぞ

新しい記事
アーカイブ
カテゴリー
リンク
RSS

ページトップへ