一笑懸命
→過去のクラショウブログはコチラ

超一流の コ‐ヒ〜

都内屈指の 某高級ホテルの喫茶室。
隣のビルでの打ち合わせを終え、“ちょっと コ‐ヒ‐でも 飲んで帰りましょうか?”と 疲れを癒す意味で軽い一言。
深いソファに身を沈め 先程までの 打ち合わせを振り返る。 間もなく 洒落たカップに 温かいコ‐ヒ‐が注がれ 砂糖もミルクも入れず 少しだけ 冷めるのを待つ…。ほどよく冷めた頃、三口ほどで飲み干し そこで 初めてホッと一息ついて 身体が癒された気がする。 ……一杯 1260円の コ‐ヒ‐… まさに超一流のコ‐ヒ‐を味わった…。
(それから12時間後、100円均一の自販機で 目覚めのコ‐ヒ‐を買う。どちらも美味い!)

120116_1605~010001.jpg 120116_1540~02.jpg 120116_1541~01.jpg

コメントをどうぞ

新しい記事
アーカイブ
カテゴリー
リンク
RSS

ページトップへ