一笑懸命
→過去のクラショウブログはコチラ

上野の焼肉屋さん

アメ横と昭和通りの真ん中の路地にある 昔ながらの焼肉屋さん。入り口も店内も飾り気がなく、店の前に立つと つい入るのをためらってしまう程 地味な店である。昼食をとってない この日の夕方、並びの入った事のある焼肉店(髪のボサボサの店員さんがいる店)を避け、空腹に耐えかねて この地味な店に入った次第である。
入ると 在日の方と思われる オヤジ(失礼、口が滑った)と 入ってすぐ右側の厨房に板前さんが一人。時間も早いので、お客さんはゼロ。
とりあえず、お決まりの キムチ、カルビ、ロ‐ス、ホルモンにサンチュを、それと カルビクッパを頼む。お味はというと、店構えと一緒で 飾り気はないが、どれも 大変美味い。素材は 見慣れてる小生どもからすれば、それほどでもないが、味付けが良い。サンチュに ゴマの葉が付いていて、始めは 要らないのに と思っていたが、焼きあがった肉を巻いて、サンチュ味噌を塗り、タレを少し付けて口に放り込むと、ゴマの葉の苦味が 肉の甘さと絶妙に絡みあい なかなか いける。
永年、こだわり続けた味。昔ながらの焼き肉屋さん、まんざらすてたもんじゃない。

100912_1648~01.jpg 100912_1626~01.jpg 100912_1627~01.jpg 100912_1632~01.jpg

コメントをどうぞ

新しい記事
アーカイブ
カテゴリー
リンク
RSS

ページトップへ